副業で確定申告で税額を減らすコツ

確定申告には2種類ある

副業といえば税金の仕組みを事前に理解し、負担する金額を減らせるようにしたいものです。確定申告は副業の収入をきちんと計算するためには必要不可欠で、白色申告と青色申告の2種類があります。

白色申告は記帳が簡単で手続きがシンプルなため時間がなくてもスムーズにできますが、赤字を繰り越したり特別控除を受けることができないため注意が必要です。
逆に青色申告は事前に税務署に承認してもらい複式簿記での記帳が必要ですが、赤字を3年間繰り越せて65万円の特別控除を受けることができます。

このため、確定申告をする前にどちらの方法が良いか確かめ、節税をするように考えると金銭的に余裕を持てて効果的です。
申告は方法によって異なるため事前に税務署に相談し、最適な方法を勧めてもらうと今後の生活に役立ちます。

必要経費があれば申告をしよう

副業ビジネスをするためにはパソコンのサーバーなど準備するものがあり、普段の生活でも病気にかかり医師に診察を受ければ経費として扱えます。

このため、領収証を保管して書類に記入して申請すると課税対象所得から控除され、支払うべき金額を減らせて便利です。

経費は領収証を添付して提出しないと認めてもらえないため、有料の情報商材やツールを購入する前に作成者と確認する必要があります。

また、有料の情報商材などは詐欺にあうリスクも高く、運営元が信用できるか確かめることが大事です。
ネット副業をして稼ぐためには準備をしないと限界があり、ある程度の経費がかかるため確定申告をして減らせるようにすると気軽にできます。

青色申告をうまく使おう

最近では青色申告が注目されていますが、利用するためには収入の状況や規模などで条件があります。
しかし、家族への給与が全額必要経費になることや自宅をオフィスにすると家賃や電気代の一部も経費になり、減価償却資産は30万円未満であれば一括経費として扱えます。
青色申告は個人事業主には効果が高く、フリーランスとして自分のペースで稼げるようにするためにも効果があります。

申告の手続きはややこしくなりますが経験を通して新しいことを覚えやすく、今後の生活に役立てるようにすると効果的です。
確定申告をするときはただ単に税金を安くすることだけでなく、税金に関する知識をつけて支払うべき金額を減らせるようにすると勉強になります。

税金は社会情勢によって変わる場合もあり、最新の情報を確かめきちんと対処できるようにすることが大事です。